本田健氏のリバティーマネーは毎月50万円可能?

天気予報が目まぐるしく変わりますね。

今週はほとんどが雨みたいなので

もうすでに梅雨の時期に

なっているのかもしれません。

 

梅雨になると湿気がすごく

しかも非常に不快指数が上がるので

今の気候のままだったらいいのですが。

 

食品も油断するとすぐに傷むので

注意していこうと思います。

 

今回は本田健氏のリバティーマネーについて

書いていきます。

 

高いパフォーマンスを発揮する

FX自動売買システムを

無料で提供しています。

 

ぜひゲットしてみてくださいね(*^_^*)

本田健氏のリバティーマネーの概要

・参加するだけで毎月50万円

・知識や経験は一切不要

・何もする必要がない

 

セールスレターには

このようなことが書かれています。

 

何もすることがなくて

どうやって収益を発生させるのか

かなり疑問ですね。

 

もし本当なのであれば

自分だけでやればいいのに

大々的に人を募集するのは

募集しないと本田氏が稼げない

何かしらの理由があるのだと思います。

 

本田健氏のリバティーマネーの特商法表記

特商法表記は内容が少なすぎます。

電話番号やメールアドレスがないので

個人で業者とやりとりが

なにもできない状況になっています。

 

そして販売会社がシンガポールにあるために

返金申請やクレームを入れたとしても

海外に会社があるので直接乗り込めません。

 

おそらく意図的に海外に会社を作り

日本で悪行をしてもすぐに逃げられる仕組みを

業者は作っているのだと思います。

 

そして個人情報保護については

お客様からの要望がない限り

第三者に提供し続けると書いてあります。

 

つまり知らない業者から

非常の多くのスパムが送られてくる

それが予言されています。

 

まともな業者であれば

個人情報は別会社に提供することなど

あり得ないことです。

 

それをしてしまうということは

この業者は良心的な会社では

ないということになります。

 

本田健氏のリバティーマネーにLINE登録をしてみる

登録をすると

URLが送られてきて

Liberty Projectという案件だということが

判明します。

 

動画を視聴して参加することになりますが

この案件は暗号通貨案件なんですね。

 

暗号通貨案件はICOという販売手法があり

上場前の暗号通貨を販売する方法です。

 

きちんと暗号通貨取引所に

上場すればいいのですが

上場せず電子ゴミで終わるものがほとんどです。

 

仮に上場しても価値がないので

一気に売られ巨額の赤字になる場合がほとんど。

 

99パーセント以上の確率で

暗号通貨ICO案件は損をする仕組みです。

 

また本田健氏は過去にも

詐欺的な案件に関わっていて

集団訴訟を被害者たちが検討している話も

耳にしています。

 

関わってはいけない案件ですね。

 

まとめますと

・暗号通貨案件ではまず稼げません

・月収50万円の根拠がない

・何もしなくても稼げるわけがない

・本田健氏は評判がよくない

 

このようになっていますので

Liberty Projectに参加することは

見送るべきと判断できます。

 

高確率で詐欺なのに

そこに足を踏み入れる必要はありません。

 

もし暗号通貨で稼ぎたいのでしたら

ビットコインやイーサリアムなどの

王道な暗号通貨を購入したほうが

長い目で見ても合理的かと思います。

 

騙されないように

気を付けてくださいね。

 

高い収益性で人気の

FX自動売買システムを

無料で提供しています。

 

ぜひ利用してみてくださいね(*^_^*)