せどり転売は副業に向いていない件

ビットコイン600万円や日経平均3万円

コロナウイルスの蔓延で

副業に興味を持つ人がかなり増えています。

 

大企業も副業を容認し始めている

新しい風が吹き始めている

時代に変わりました。

 

けれども手を出さないほうがよい分野があり

それがせどり転売の分野になります。

 

やめたほうが良い理由を

書いていきたいと思います。

 

その前にFX自動システムを

とりあえず受け取ってみてください。

利用料は無料なので(*^_^*)

 

転売は利益率が圧倒的に低い

まず一番にいえるのは

利益率が転売は

かなり少なくなる現実があります。

 

具体的には売り上げの20%利益があれば

大成功といったところです。

 

私も以前に本やCD転売をしていましたので

これは本当であると確信しています。

 

利益率が低いということは

かなりの数の商品を回転させて

売りまくらなければ

まとまった利益にならないということです。

 

たとえば新卒の初任給が20万円だとしますと

同じ利益20万円を転売で出すならば

売上で100万円以上必要です。

 

1商品利益が1万円以上とれるものを売ると

在庫が100個以上必要で

かつ仕入れも100万円以上かかることでしょう。

 

物販は利益率を上げるために

仕入れから販売までのサイクルを

いかに短くするのかがキーになります。

相当大変であることがわかります。

 

転売は時間がかなり取られる面倒くさい側面がある

アマゾンやヤフオク、メルカリで商品を

販売するにしても共通するのは

お金が振り込まれるまでに

かなりの労力がかかることです。

 

商品の仕入れにはじまり

検品して出品作業、お客様とのやりとり

梱包、発送、評価など

やることが本当に多いです。

 

もちろんアマゾンのFBAという

工場にあらかじめ商品を送っておき

注文が入ればアマゾンから

直接発送してもらう方法もあります。

 

ただし手数料がかかります。

転売はひとつの商品を売るまでに

労力がかなり必要で

副業で取り組むことには

限界があることも多いです。

 

副業で利益を50万円転売で出すには

最低でも250万円の売り上げが必要です。

 

相当センスが必要か

アルバイトを雇わない限り

かなり難しいものとなるでしょう。

 

転売の最大のデメリット

転売で一番のデメリットは

在庫を抱えるリスクがあるということです。

 

私もCDせどりをメインにしていたときは

在庫が2000枚くらいありました。

 

在庫があることはよくないことで

お金に変えられていない

もったいない状態なわけです。

 

しかもずっと売れない可能性もあります。

 

売れない恐怖や値下がりになる恐怖

さらに在庫がたまっていく恐怖

たくさんの恐怖がやってきます。

 

この在庫を持つ転売ビジネスは

売れないリスクがめちゃ高いです。

 

全部赤字になりますから

売れない在庫があるだけで

資金巡りも悪くなります。

 

たくさんの在庫を管理する部屋も必要です。

私の知り合いは在庫管理用に

部屋を1室借りて転売をしていました。

 

在庫が増えるにつれて

コストもかなりかかってしまいます。

 

せどり転売は止めたほうがよいまとめ

まとめますと

よほどの理由がない限り

転売ビジネスに

手を出さないほうがいいですね。

 

転売は資金量がものをいいます。

最低でも500万円くらい

あったほうがいいです。

 

クレジットカードで資金をつくり

転売ビジネスを始める方法もありますが

個人的にはおすすめしません。

 

予想できないことがあり

クレジットカードの返済ができない場合

ブラックリストの載るリスクがあるためです。

 

労力の割に稼げないので

FX自動システムで不労所得を得ながら

自分のやりたいことに

時間を使ったほうがよいと思います^^