ホロナス(holonus)の進捗が期待できる件

ホロナスに大きな動きがありまして

これからの可能性が広がっていることが

明確にわかりました。

 

ホロナスは益々注目されていく暗号通貨に

これからなっていくことについて

記事にしていきたいと思います。

 

価格もジリジリと上昇してきているので

ホロナスを通常購入するのも吉ですが

 

ドミネーティングに参加して

ホロナスを増やしていくことも

戦略として大きく理にかなっています。

 

ドミネーティングに関しての記事は

以下を参照してください。

 

ホロナスマーケティングロードマップ

ホロナスのテレグラムにて

2022年におけるホロナスの戦略が

公開されました!

 

この戦略はかなり驚きの内容が書かれており

 

2022年は大手の取引所に複数上場すること

そして大手メディアへの掲載目標

 

さらにプレスリリースやSNSを駆使した

露出戦略を組み合わせて

価格の高騰を狙っていくようですね。

 

具体的な時期は今年の後半から

様々な施策を行っていくとのこと。

 

SNSのコミュニティ人数を1万人以上にして

さらに1日の取引高を1億円以上にする

こういった目標が存在しています。

 

これって本当にすごいことでして

まず同じ志を持ったコミュニティで

1万人を集めるというのもすごいことです。

 

名のある暗号通貨プロジェクトでも

1万人を超える人があつまるものなんて

ほとんどないでしょう。

 

あのノアコインだって

SNSで1万人はいなかったでしょうし

大きな規模に違いありません。

 

また1日の取引高が1億円って

これはすごいことですよ。

 

今のホロナスの1日の取引高は

数百万円レベルです。

※昨年の12月は一時3000万円を超えていました

 

これが1億円を超えるということは

単純に流動性が10倍以上になるということ。

 

流動性が上がればそれに伴って

価格も上昇していくので

うまくこの戦略が行って欲しいですね。

 

ホロナスはADAコインの戦略を参考にしている

暗号通貨を触っている人であれば

お馴染みのADAコイン(エイダコイン)ですが

このマーケティングを参考にして

ホロナスは価格を上げていくようです。

 

エイダコインは数多くの億り人を生み出した

正真正銘の本物の暗号通貨です。

 

ADAコインがプレセールの0.2円ほどから

300円を超えた価値をつけるまでの戦略を

ホロナスでも参考にして価格を上げていく

 

これを知るだけでもすごいことが起きそうだと

思ってしまいます。

 

ホロナスの現状とADAコインの推移をなぞると

まさにADAコインが上場した直後の感じです。

 

ホロナスはまだスタートラインに立った所で

これから世界に向けて発信されていく存在です。

 

だからホロナスを保有している人は

かなりの先駆者になるわけですね。

 

超先行者です。

だから少しでもホロナスを保有しておくと

後々美味しい思いができそうですね。

 

ホロナスはDeFi銘柄なのでこれから波が来ます

ホロナスはSHINOBIウォレットをはじめ

付加価値を生むプロジェクトが

同時に進行していたりします。

 

これからの主流になるであろう

メタバースについても

ホロナスは参入していくはずなので

 

ホロナスを保有しておくと

恩恵が受けられそうです。

 

周囲を見ていただくとわかると思いますが

ホロナスの存在を知り

購入している人はかなり少ないです。

 

少ないからこそチャンスが生まれます。

私は去年の6月からホロナスを保有していますが

買い増しもしましたし

それでもまだあまり知られていないなと

思っています。

 

人気がないのではなくて

まだ知られていないので

怪しいと思うかもしれませんね。

 

2022年は大手取引所に

3社以上上場する可能性があることで

今の10円前後の価格が100円を超えてくるのも

そう遠い話ではないと思います。

 

じりじりと認知度が上がっていき

皆が知ってしまうほど知れ渡ったときは

投資の旨味は減ってしまいます。

 

まだ先行者利益を十分狙える位置にいますので

購入されるのも良いと思いますし

ドミネーティングで手堅く増やしていく

そんな戦略も有りかと思います。

 

ホロナスの価格が上がるのは一瞬で手が届かなくなるかも

暗号通貨の世界ではいったん火が付くと

もう止められないくらいの価格高騰がはじまり

購入しようとしても

手が届かない額になってしまいます。

 

たとえば私がビットコインの存在を知ったときは

価格は1ビットコイン7万円ほどでした。

 

当時でさえもこんなに高いコインを

買う人いるのかなと

買わずに傍観者になっていました。

 

もし当時10枚でも購入していれば

今頃は5000万円以上の含み益が出ていたはず。

 

非常に惜しいことをしました。

それと同じことがホロナスでも

起きそうな気がします。

 

ホロナスにおいては

3年後に5万円到達という目標があるため

今少しでも購入しておけば

もしかしたら億に化ける可能性もあるわけです。

 

今ホロナスは1枚10円程度で

購入ができるのです。

これがいつまで安く買えるのか

確実に残り時間は少なくなっています。

 

変な草コインを買うくらいなら

ホロナスに賭けてみたほうがいいと思います。

 

ホロナスは現状で海外の

IDCM取引所に上場しています。

日本で有名なビットフライヤーの数倍以上の

大きな取引所です。

 

この事実からしても近い将来

大きな価値をつけるコインであることが

なんとなくでもわかると思います。

 

人が気が付く前に投資することで

先行者利益が得られます。

共に大きく稼いでいきましょう!