ASECコインとホロナスコインの総括

今年も残すところわずかになりましたが

どんな1年だったでしょうか。

 

暗号通貨の世界では

ビットコインが過去最高値の700万円を超えて

大きく盛り上がった年になりましたね。

 

私が保有しているASECコインとホロナスは

大きな価格高騰は見られませんでしたが

来年に大きく飛躍してほしいと思っています。

 

今回はこの2つの暗号通貨について

少し記事にしていきたいと思います。

 

少し宣伝をさせてください。

 

収入の柱を増やせるFX自動売買システムで

労働収入の他に新しい収入源を確保することで

経済的なゆとりを手にする人が増えています。

 

無料で利用できますので

まだ持ってない場合はゲットしてみてください。

メルマガ

>>不労所得の流れを構築してみる

 

今月のASECコインについて

ASECコインについては12月の28日に

GPPのライブ配信がありまして

新しい情報が共有されましたね。

 

具体的には実業であるMLTの会員数が

10000人を超えたということ。

 

薬剤師と医療技師の方々の登録が増えたことが

会員数の増加に繋がったようですね。

 

MLTという実業が軌道にのれば乗るほど

ASECコインの価格が上がる土壌が整い

今の0.1円という悲惨な価格からの脱却に繋がり

大きく飛躍します。

 

また新しい提携先も増えたそうで

ASECコインが使われる土壌が

着実に整いつつあると思えました。

 

また上場戦略ではできれば今年の年末までに

某取引所に上場することが

できたらよかったのですが

来年に持ち越されそうです。

 

株式会社GPPのサポートデスクに電話してみた

ASECコインの行く末が特に気になりますので

GPPのサポートデスクに電話をして

直接聴いてみました。

 

するとやはり某取引所に上場審査を進めていて

早いうちに上場させたいということを

教えてくれました。

 

もちろんコロナなどの影響で

審査そのものが遅れているかもしれませんが

上場が1つ行われれば連鎖的に

上場先が増えていきそうに思えました。

 

そして今の価格についても尋ねると

来年は0.1円よりも上がるので

見ていてくださいということを言われました。

 

私が思っているのは

来年の6月末にはASECコインのロック分が

全部解除されますので

 

大変大きな売り圧に繋がることになります。

これをどう防いでいくのか

これからのASECコインの戦略に期待ですね。

 

ASECコインホルダーは植田代表に直接会ったほうが早い

ASECコインは某掲示板などで

大変辛辣に誹謗中傷がされている現状です。

 

まあそこに書かれている内容の正誤は置くとして

本当に情報を取りに行くのであれば

実際に植田代表に話を聞きに行くべきと思います。

 

そのほうが早いからですね。

 

実は私も植田代表に昼¥会などでお会いして

ASECコインについて質問をして

回答をもらっていたりします。

 

ライブ配信では話せない内容ばかりなので

だから直接会いに来てほしいと言うわけだなと

思ってしまいました。

 

実は次はどこの取引所に上場予定であるのか

そしてASECコインのロックアップ解除がある

来年6月までにどのような対策をするのか

 

その概要をおおまかですが

知ることができています。

 

さすがに記事で書くことはできませんが

ASECコインの可能性に期待するのであれば

直接植田代表に話を聴きに行くことを

強くおすすめいたします。

 

ASECコインの価格が上がらずに一番損害を受ける人は?

 

結局のところASECコインで価格が上がらずに

困るのは誰なのか

それを考えると自ずと答えが出ると思います。

 

投資は自己責任であるのは当然なのですが

自己責任で片づけてしまっていいのでしょうか。

 

我々投資家は自己責任の一言で

済まされてしまうと

かなりがっかりしてしまいます。

 

特にGPPには紹介責任がありますからね。

 

ASECコインが価格が上がらないまま

ただの電子ごみになった場合

多くの投資家はGPPへの信用がなくなります。

 

すると他のGPP案件も参加する人は著しく減る

こう考えるのが自然ですよね。

 

だから一番価格が上がらなくて困るのは

植田代表なので意地でもASECプロジェクトを

成功させてくるに違いないと思います。

 

逆に考えたらいくらでも

逃げようと思えば逃げられるのに

立ち向かってASECコインの価格を上げようと

奮起してくれていますから。

 

一時のICOバブルのときに販売された暗号通貨は

ほとんどが詐欺で上場すらされずに

顧客から集めた暗号通貨を持って

販売元が逃げることが常でしたが

 

GPPさんは頑張ってくれていますので

そこは評価できるところだと思いますよ。

 

ホロナスの価格高騰は来年に持ち越し

ホロナスは年末に価格高騰で

100円付近まで上がる可能性があったのですが

海外の提携先との協力が上手くいかず

年末高騰計画が立ち消えになりました。

 

仕方がないといえばそれまでですが

当日にキャンセルになってしまうのは

もっと事前になんとかならなかったのかなと

思ってしまいます。

 

その結果狼狽売りが発生して多くのホロンが

安い価格で売られていますが

本当にホロナスの可能性に気が付いていたら

売る選択肢はないかなと思います。

 

私はこの狼狽売りがかなり嬉しくて

ホロナスを安い価格である程度

買い増しをすることができました。

 

価格が上がってしまったら

購入できないだろう枚数を

増やすことができました。

 

つい先ほどテレグラムで新しい

ホロナスの進捗情報が更新され

とても驚いています。

 

なんと来年には世界の有名な取引所に

最低3か所上場させる計画があり

価格の高騰を予感させるものがあります。

 

ホロナスのドミネーティングをやるなら今

おそらくですがホロナスの価格の底は

今なのではないのかなと思います。

 

ジリジリと高騰していくのを

指をくわえて見ているのは辛いし

苦しいと思うのです。

 

ドミネーティングでホロナスの枚数を

大きく増やすにはとてもよい機会です。

 

ホロナスに可能性を感じて

少しでも枚数を増やしたい場合は

以下の記事を参照してみてください。

1枚でも多くホロナスコインを保有することで

数年後に爆上げした際に

かなりのリターンが得られます。

 

投資はすぐに結果が出ないのが普通なので

結果が出るまでは辛抱の時間が続きます。

 

ホロナスはこれから化ける可能性が

かなり高い暗号通貨だと思っていますし

今の約10円という価格から

100円、500円、1000円と高騰していくなら

 

今購入しておくことが

将来の資産に繋がります。

 

ホロナスのドミネーティングは

今参加をすれば月利15パーセントほどを

狙える計算なので

十分なリターンを狙える位置にいます。

 

可能性を感じたならば

トライしてみる価値はありますね。