2022年年末までに暗号通貨で稼げるのか

>>ビジネスも学んで稼ぐ<<

 

早いもので9月も終わりに近づき

今年も過ぎ去ってしまうものなのですが

暗号通貨で稼いでいる人は

どれくらいいるのでしょうか。

 

軒並み暴落しているために

保有して稼いでいる人は

ほとんどいないのではないかなと

推測されます。

 

もちろんプロの投資家で研究熱心な人であれば

売買を繰り返すことで

稼いでいるかもしれません。

 

でもそういった方はごく一部なので

あまり参考にはなりませんね。

 

今回の記事では年末にかけての

暗号通貨での心構えを書いていきたいと思います。

 

億り人の絶対数は少ない

 

まず大前提として億り人になれる人は

めちゃくちゃ少数です。

 

本当に少ないです。

たしか1億円以上稼いで確定申告した億り人は

ある年では500人もいなかったような

記憶がありますし

 

まわりにほとんどいないのが現実です。

だからその少ない人数のひとりになるのは

ハードルが高いわけです。

 

しかもたとえ稼いだとしても

よほどのことがない限り周囲には言いませんし

ますます億り人の存在は確認しにくくなります。

 

途中で手じまいしてしまう

一旦下げ相場になって

暴落を経験してしまうと

そのときに全部のコインを

狼狽売りしてしまい

 

暗号通貨業界から去ってしまう人が

かなりの人数いますよね。

 

それはこれからも変わらないでしょうし

投資の厳しさが現れていると思います。

 

継続して保有し続けることって

簡単なようでかなりの精神力がいります。

 

ガチホともいわれていますが

どんなに市場が下げ相場になって

価値が下落したとしても

 

売らずに保有を続けることは

かなり難しいことだと思うのです。

 

本物と呼ばれる暗号通貨の見極めが難しい

暗号通貨と呼ばれるコインの

9割は価格が上がらない

いわばスキャムと呼ばれる詐欺的なコインの

可能性があります。

 

そういったコインを購入してしまうと

お金だけ浪費して得るものは

価値がないコインだけという

悲惨な結末になります。

 

何度も記事で書いていることなのですが

億単位の成果を出せる人は

ほんの一握りだけなので

 

いかにしてそこに入ることができるか

これが重要になるわけです。

 

みんなと同じ行動をとっても

まずお金持ちにはなれませんし

突き抜けることができない。

 

他の人が気が付いていないであろうことに

目を向けて淡々と行動に移すのみです。

 

当ブログでもご紹介しているホロナスや

ASECコイン、周りに保有している人はいます?

 

たぶんいないと思うのです。

 

だからこそ当たったら大きなリターンが生まれ

莫大に稼げるチャンスがあるわけです。

 

例えばですけど今このときに

ASECコインとホロナスを

100万円分ずつ購入したら

 

価格が高騰した場合にとんでもないリターンを

叩きだすことが容易に想像できると思います。

 

ではなぜ多くの人が行動に移さないかというと

購入することにリスクがあるからですね。

 

さらに価格が下がる可能性もありますし

怖くて投資するには躊躇する人も多いです。

 

しかしその恐怖を飛び越えて

投資した人にしか大きな果実はないわけで

だから投資は難しいと言えるのですね。

 

2022年年末までに稼げるのかは

相場が上向きになり

保有している暗号通貨を売っていなければ

稼げる可能性はあります。

 

ただしそうならない場合も考えられるので

少しずつ買い増ししていくのが

よいかもしれません。

 

変わり者や変人にならないと

大きなお金は稼げませんので

みんながやらないものに目を向けて

行動していくと良いと思います。