ピーチラックと肛門科のお医者さんならどちらを選ぶ??

ピーチラックでいぼ痔を改善してみる

 

ピーチラックに興味があるけど

肛門科に先に行ったほうがいいのか悩んでいる、、

そんな悩みをあなたは持っているかもしれません。

 

 

結論から言うと1度肛門科もしくは痔を見てくれる外科に

行ってみるのが正解です。

 

なぜかというと痔だったら良いのですが

まれに痔ではなく肛門から出血するのが他の病気である場合もあります。

 

いぼ痔に似ている病気の数々

 

たとえばトイレで大をしたらトイレットペーパーに血が付着していた。

そして肛門科に行ってみたら実は大腸に癌(悪性腫瘍)があった、、

他にも直腸に炎症があったりとか、、

さらには潰瘍性大腸炎で腸から出血してたとか

そういったことがまれにあります。

 

だから最初に医者にかかっておくのは正解ですよ^^

 

そこで医者にいぼ痔や切れ痔と診断されたら

ピーチラックを試してみるというのもいいと思います。

 

信頼できる肛門科の先生の見つけ方

実は肛門科の先生も信頼できる先生とそうでない先生がいます。

信頼できない先生の特徴はすぐに手術しなきゃいけないと

事前説明もせずに通告してくる先生がいたらそれは注意すべきかと思います。

 

どうしてお医者さんの中でも手術をすぐにさせたい先生がいるのかというと

それは手術のほうが医者が儲かるからですね。

 

通常の診療と手術では報酬単価が10倍以上違う場合があります。

私が実際に聴いた話だと一般の肛門科の診療で2000円程度で

いぼ痔の手術と1週間入院のセットで20万円の請求というのがありました。

 

100倍の開きがありますね苦笑

 

信頼できる先生は手術を安易に勧めず

まずは生活改善から痔をよくしていこうとしてくれる

あなたに親身に寄り添ってくれる先生を指します。

 

こういった先生はあなたの住んでいる地域に探せば必ず1名はいると思うので

ぜひ一度肛門科の先生にかかる場合は探してみてください^^

ピーチラックで肛門科に行く必要もなくなるとしたら

世の中にはうまい話はないというのが定説とされていますが

実はそれがただ知られていないからだとしたら

あなたはどう思いますか?

 

ピーチラックは一般的には知られていませんし

そんなに大々的に広告もしていないため

多くの痔主の人には存在すら知られていません。

 

知らないからという理由でその機会を奪われるのは

とてももったいないと思います。

 

少なくとも私はいぼ痔が悪化して手術しかないのではと

悩んでいたところをピーチラックに救われている事実があります。

 

いぼ痔に関しては今後手術はしなくても大丈夫だと胸を張っていえます。

あなたが肛門科にこれから通わなくてもよくなるとしたら

その恩恵は計り知れないものがあると思います。

 

そのチャンスをぜひあなたの手で掴み取り

痔から解放されて楽しく過ごせるようになってください^^

 

ピーチラックの詳細はこちらです